2011年10月27日

「クラシコ」DVDコメント 第一弾 AC長野パルセイロ 土橋宏由樹選手

「クラシコ」DVD発売を記念して、
AC長野パルセイロの土橋宏由樹選手への独占インタビューを行いました!
インタビューの冒頭部分をちょっとだけですが紹介します!


DSC_0945.jpg


――『クラシコ』をご覧になられていかがでしたか?

「バドゥ監督が日本のサッカー指導について話しているシーンが印象に残っています。世界で戦ってきた人ということもあり、育成に関することから日本との考え方の差を感じました」


――2006年、土橋選手が「松本山雅FC」に入団された当時の様子を教えて下さい。

「入団当初はすべてがアマチュアのクラブでした。Jリーグを目指す中で、お互いに切磋琢磨しながらプロ意識が芽生えていったんです。長野(AC長野パルセイロ)と松本(松本山雅FC)の関係だからこそ、チームとしての成長が高まっているとも考えています」




インタビューの全文はDVDに封入されるパンフレットにてお読みいただけます!
土橋選手の“ビジョン”や“サポーター”論など、とても濃く熱い内容です。


サッカー&クラシコ関係者からのメッセージ、次の紹介もお楽しみに!




posted by clasico at 22:15| 「クラシコ」DVD コメント紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。